オンキヨー(大朏直人会長兼社長)は、フロント3chスピーカー内蔵のTVラック「CB-SP920C」を6月22日に発売する。価格は7万5600円。オンラインショップの「オンキヨーサイバーショップ」では、発売1週間前から先行予約を受け付ける。

 「CB-SP920C」は、薄型テレビと組み合わせて省スペース・簡単セッティングのホームシアターを提案するTVラック「AVゲート」の第4弾。本体サイズは幅920×高さ561×奥行き469mmで、ボリュームゾーンとなる32型薄型テレビに最適な横幅にした。

 高級スピーカーで使用されている振動板「A-OMFコーン」搭載のウーファーと100kHz再生対応のネオバランスドームツィーターを組み合わせたスピーカーユニットを搭載する。内蔵スピーカーの最大入力はセンター、フロントともに40W。ピアノワックスで磨き上げた高光沢のグランドピアノ仕上げをキャビネットに採用した。

 オプションの5.1chアンプ内蔵サブウーファーシステムは、3chスピーカーだけで5.1chのサラウンド効果を発揮する「DHT-SW1」と左右サラウンドスピーカーを付属した「DHT?SR1」の2種類を用意。また、オプションのサブウーファーは専用ボックスに収納できる。