デル(ジム・メリット社長)は5月10日、デル製クライアントPC、サーバー、ストレージ全製品を対象とした新たな有償保守サービス「HDD返却不要サービス」を開始した。また5月下旬からは、同サービスと組み合わせ、HDDからの情報漏えいを防ぐ「HDD磁気破壊サービス」(仮称)も開始すると発表した。

 「HDD返却不要サービス」は、故障などでハードディスク(HDD)を交換する際、本来は新しい部品と交換した時点でデルに所有権が帰属するHDDをユーザーが継続保持できるというサービス。交換したHDDを返却する必要がなくなる。

 対象となる製品購入時の同時申し込み、製品購入後の申し込みのどちらも可能。製品の保証期間終了まで同サービスの期間を延長することもできる。申し込みにあたっては、対象となる製品に出張修理(オンサイト)サービスが必要で、オンサイトサービスが標準で含まれていない個人向けPCなどの場合、サポートサービスメニューの追加購入が必要となる。

 利用料は、クライアントPC(OptiPlex、Latitude、Precision、Dimension、Inspiron)が1台につき年間1500円。サーバー(PowerEdge、PowerEdge SC)が同5000円。ストレージ(PowerVault、DELL|EMC)が同1万4000円。

 「HDD磁気破壊サービス」は、保守スタッフがユーザー先を訪問し、専用機材を使ってその場でHDDを磁気的に破壊するサービス。HDDを外部に持ち出さないため、データ流出や情報漏えいを完全に防止できる。なお、同サービスの利用には、事前に「HDD返却不要サービス」への申し込みが必要。