デジオン(田浦寿敏社長)は、他のDLNA対応機器との相互接続性を向上させたマルチメディア・ホームネットワーク・キット「DiXiM2」を5月26日に発売する。価格は8800円。

 「DiXiM2」は、家庭内でビデオや音楽、写真などのデジタルコンテンツを共有するためのソフト。コンテンツの保存と配信を行う「DiXiM Media Server」と、配信されたコンテンツを視聴するためのソフト「DiXiM Media Client」を、有線や無線でLAN接続されたパソコンにそれぞれインストールして使用する。

 「DiXiM Media Server」と「DiXiM Media Client」は最大3台のパソコンにインストール可能。ホームネットワークの標準規格「DLNAガイドライン」に沿って開発されているため、DLNA対応のテレビなど、パソコン以外の機器とつないで、コンテンツを共有することもできる。

 最新版の「DiXiM2」では、DLNA対応機器との相互接続性に関する強化を行い、デジタルコンテンツを扱いやすくした。また新機能として、再生する音楽やビデオの音量を自動的に一定にするオートレベル調整、5種類のお気に入りリストの登録をサポート。コンテンツ情報がないファイルに文字情報を入力するタイトル編集機能や、タイトル名、アルバム名などをもとにした文字検索などの機能を追加したほか、新たにMPEG-4 AAC形式の音楽ファイルにも対応した。対応OSは、Windows XPとWindows XP Media Center Edition 2005。

 なお、パッケージ版とは別に、「DiXiM Media Server」と「DiXiM Media Client」のライセンスを1つに限定したダウンロード版も用意する。価格は3980円で、前バージョンの「DiXiM」登録ユーザーには3280円の優待価格で提供する。