NEC(矢野薫社長)は5月9日、同社のロボット制御ソフト「RoboStudio」を使ってPCや携帯電子手帳などの画面上のCGキャラクターも制御し、ロボットとCGの連携を可能にする技術を開発したと発表した。

 NECでは画面上のCGキャラクターを「RoboStudio」で制御。さらに「RoboStudio」で開発したロボットのふるまいを記述するプログラム(シナリオ)をPCや携帯電子手帳などで動作可能にしたほか、機器に搭載された「RoboStudio」の持つ情報を無線ネットワークやサーバーで交換できるようにした。

 例えば、家でロボットと会話した記録を外出時にカーナビや携帯端末上のCGキャラクターに引き継がせることができ、ロボットと電子機器が連携できるようになる。その際、同社が開発したパーソナルロボット「PaPeRo」で採用しているロボットユーザーインタフェース技術を応用することもでき、人との自然な対話やさまざまなコミュニケーションをとることができるようになる。

 この技術を応用することで、ユーザーとのやり取りを異なる機器間で共有させて、複数の電子機器を同じように扱えるようにすることも可能になる。こうした使いやすいインタフェースの実現を目指しながら、同社ではカーナビや携帯電話、情報家電などへの応用展開を進めていく方針。