NTTレゾナント(資宗克行社長)は5月9日、インターネットポータルサイト「goo」上に開設した実験サイト「gooラボ」で、「スピーチ・アシステッド・サーチ」の商用環境における実証実験第2弾を開始した。

 「スピーチ・アシステッド・サーチ」は、携帯電話のインターネット機能を利用して「gooラボ」の専用ページにアクセスし、駅名を音声入力することで、路線検索やグルメ検索の結果を文字情報で確認できるサービス。面倒なボタン操作がいらないため、文字入力に不慣れな高齢者にも適している。

 今回の実験は、05年12月から06年1月末にかけて行った1回目の実験結果を基に、周辺騒音や操作ミスによる誤認識の改善や、ガイダンス音声を簡潔にするなどの機能強化を図ったもので、6月30日まで実施する。

 検索対象も、前回の「goo路線」に「gooグルメ&料理」を追加。「goo路線」との連動では、発駅と着駅それぞれの駅名を個別に入力する方式と発駅と着駅を一括で入力する方式による検索が可能で、「路線検索」と「駅時刻表検索」の2種類のサービスを利用できる。「gooグルメ&料理」との連動では、グルメ情報を入手したい対象の駅名を音声入力することで検索が可能。携帯電話の画面上に検索結果を表示する際に事前の情報登録が不要なことから、個人情報保護にも配慮した新たな携帯電話向けサービスが実現可能となる。

 同社では、今回の実証実験の成果とユーザーからの意見を踏まえ、今後のサービス展開の可能性を検討していく。