インテル(吉田 和正、ロビー・スウィヌン共同社長)は5月9日、06年第3四半期に投入を予定している最新デュアルコアCPUのブランド名を「インテル Core 2 Duo(コア・ツー・デュオ)プロセッサー」にすると発表した。

 インテル(吉田 和正、ロビー・スウィヌン共同社長)は5月9日、06年第3四半期に投入を予定している最新デュアルコアCPUのブランド名を「インテル Core 2 Duo(コア・ツー・デュオ)プロセッサー」にすると発表した。

 「インテル Core 2 Duoプロセッサー」は同社の新設計マイクロアーキテクチャーを採用し、2つのプロセッサー・コアを1つのパッケージに搭載したデュアルコアCPU。「Conroe」「Merom」のコードネームで開発を進めていたもの。また、ハイエンドやゲーム向けの最高性能CPUの名称を「インテル Core 2 Extreme(コア・ツー・エクストリーム)プロセッサー」にすることも併せて発表した。

 2つのCPUともに最先端の65ナノメートル製造技術で、プロセッサー回路とトランジスターを微細化。これにより消費電力を削減しながら、演算能力の向上と静音性を実現した。

 インテルでは同社のノートPC向け半導体セット「Centrino Duoモバイル・テクノロジー」、デジタルエンターテインメント向け半導体セット「Viiv テクノロジー」、ビジネスPC向け半導体セット「vPro」で新CPUを採用し、消費者や法人ユーザーに提供していく考え。