日本ビクターは5月9日、HDD内蔵型ビデオカメラ「Everio(エブリオ)」シリーズの最上位モデル「GZ-MG505」とエントリーモデル「GZ-MG47」を6月上旬から順次発売すると発表した。

 日本ビクターは5月9日、HDD内蔵型ビデオカメラ「Everio(エブリオ)」シリーズの最上位モデル「GZ-MG505」とエントリーモデル「GZ-MG47」を6月上旬から順次発売すると発表した。

 「GZ-MG505」は、HDD内蔵型ビデオカメラとして初めて、1/4.5型133万画素のCCDを3枚使用した「3CCDカメラシステム」を搭載。レンズから入る光をRGBの3原色に分け、それぞれ専用のCCDで処理する。1.8型30GBのHDDを内蔵し、DVD画質で7時間以上撮影できる。有効画素数は動画時が69万画素×3、静止画時が123万画素×3。

 モニターには2.7型ワイド液晶を採用。本体サイズは幅74×高さ73×奥行き125mm、重さは450gの手のひらサイズを実現した。色はクリアシルバーとソリッドブラックの2色で、6月上旬に発売する。

 「GZ?MG47」は、最高F1.2と明るい光学15倍のズームレンズを採用したのが特徴。1.8型20GBのHDDを内蔵し、DVDと同等の画質で約4時間50分の撮影ができる。1/5型133万画素CCDを搭載し、有効画素数は動画時が69万、静止画が123万画素。

 モニターは2.7型のワイド液晶。本体サイズは幅68×高さ69×奥行き109mm、重さは350g。色はシルキーホワイト、パウダーピンク、ミスティーブルーの3色で、7月上旬に発売する。

 いずれも「USBホスト/デバイスコントローラーLSI」を搭載し、USBケーブルで別売の専用DVDライター「CU-VD10」を接続すれば、PCを使わずに、オリジナルDVDが作成できる。また、USB2.0接続で約1時間(ウルトラファインモードで約4GB)の撮影データを、約5分でPCに高速転送することもできる。

 価格はすべてオープン。実勢価格は「GZ-MG505」が16万円前後、「GZ?MG47」が10万円前後の見込み。