鹿島建設(鹿島、中村満義代表取締役社長)と産業技術総合研究所(産総研、吉川弘之理事長)グリッド研究センター(関口智嗣センター長)は、産総研が開発したグリッドコンピューティング環境「GridASP」の導入と利用技術に関する共同研究を4月に開始したと発表した。

 05年9月、鹿島が「秋葉原クロスフィールド」内に設置した研究拠点「秋葉原サテライトラボ」の産学連携により実現したもので、建設業界で本格的なグリット環境を企業内に構築したのは初めて。

 「GridASP」は様々な計算資源がプールされたグリッド環境から、適切な計算資源を組み合わせて仮想的なコンピュータシステムを構成し、必要な時に必要な分をサービスとして利用者に提供するビジネスモデル。今回初めて企業に導入した。

 鹿島では、超高層ビルや土木構造物の技術的解析にスーパーコンピュータなどを利用しているが、制震構造や免震構造の建物が増えるなどして解析内容が複雑化、大規模化している。このため、同社が持つ技術計算用コンピュータ資源を効率的に利用するグリット環境の構築が求められていた。今回、社内にこうした環境を構築することで、コンピュータ資源の利用性の向上と解析環境整備を目指す。

 今後は、技術計算用のコンピュータ資源をより効率的に運用していくモデルを構築ながら投資の極小化と業務効率の最大化を図り、企業外コンピュータ資源の活用も視野に入れていく方針。