メディアピックス(小倉克夫社長)は4月27日、カメラ付き携帯電話で撮影した画像をプリント・宅配するサービス「とくプリ」の販売強化でアミューズボックス(佐藤輝英社長)と提携し、「JJとくプリ」の名前でキャンペーンを開始したと発表した。

 メディアピックス(小倉克夫社長)は4月27日、カメラ付き携帯電話で撮影した画像をプリント・宅配するサービス「とくプリ」の販売強化でアミューズボックス(佐藤輝英社長)と提携し、「JJとくプリ」の名前でキャンペーンを開始したと発表した。

 「JJとくプリ」では、ネクストジャパンが運営する会員制の複合レジャー施設「JJCLUB100」で「とくプリ」のポスターの掲示やチラシの配布をして来場者に向けPR活動を実施。ポスターやチラシには「とくプリ」の携帯サイトのQRコードやアドレスを印刷して、携帯電話からすぐにサービスにアクセスできるようにした。

 客はサイトで会員登録をすると毎月1枚のプリントサービスを無料で利用できるほか、関連情報を受け取れる。施設では、ぬいぐるみと一緒にカメラ付き携帯電話で写真を撮影するアトラクションも行い利用を促す。

 メディアピックスの「とくプリ」は、カメラ付き携帯電話で撮影した写真をメールに添付し申し込むだけで画像をプリント、宅配するサービス。同社では施設を利用する客を獲得することで会員増が見込める一方、ネクストジャパンも施設の新たなサービスとして集客効果が期待できる。

 キャンペーンは5月14日まで行う。2社では期間中の利用者の反応を見て、今後継続するかを検討する。