レックスマーク インターナショナル(レックスマーク、木下聡社長)は、フォトプリントに対応したA4インクジェット複合機「Lexmark X8350 オールインワン・ステーション」を4月28日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万9800円前後の見込み。

 プリント、コピー、スキャン、FAX機能を備えたスタンドアロン型の複合機。従来機より、印刷速度をモノクロ25ppm、カラー19ppmに向上させたほか、本体前面から給排紙することで、幅448×奥行き379×高さ254mmと、容積比で約32%小型化した。

 本体には、大型の2.4インチフルカラー液晶モニタを搭載。モニタで画像を確認しながら、トリミングや回転、色調節など画像編集が行える。また、PictBridgeに対応しており、USBメモリやメモリーカードスロットに挿したコンパクトフラッシュ、SDカードなどの各種メディアからダイレクトに印刷することが可能。L判からA4までの4辺フチなし印刷や、オプションのフォトインクの使用で6色印刷にも対応する。

 スキャナ部にはCCD並みのスキャン深度を持つCISセンサーを搭載し、立ち上がり時間を短くした。このほか、SOHOや中小企業などのビジネスユーザー向けにイメージングソフト「ビジネスセンター」を同梱する。