レックスマーク インターナショナル(レックスマーク、木下聡社長)は、世界最小サイズの家庭向けインクジェット複合機「Lexmark X2470イージーワン複合機」を4月28日に、写真印刷の利便性を高めた上位モデル「Lexmark X3470 イージーワン複合機」を5月中旬に発売する。価格はともにオープンで、実勢価格は「X2470」が9980円、「X3470」が1万4800円前後の見込み。

 両機種とも、従来モノクロとカラーと2本に分かれていたプリントカートリッジを1本にすることで小型化を図った。印刷解像度は4800×1200dpiで、L版からA4サイズまで4辺フチなし印刷に対応する。印刷速度は従来の15ppmからカラー、モノクロともに17ppmに高速化した。

 「X2470」は、フラッドベッドスキャナ搭載インクジェット複合機としては世界最小となる幅375×奥行き286×高さ153mmのコンパクトサイズを実現。エントリーモデルながらPictBridgeに対応しており、パソコンを使わずにカメラから写真をダイレクトにプリントできる。また本体パネル上部のボタンを4つに絞り、ワンタッチで写真コピーができるなど初心者でもわかりやすいようにデザインした。

 上位モデル「X3470」は、本体に液晶モニタとオペレーションパネルを搭載し、アイコンボタンで直感的な操作ができるのが特徴。PictBridgeに加え、11種類のメディアに対応したメモリーカードスロットも装備した。同社初となる「セレクトシート」機能により、写真の焼き増しも簡単に行える。