三菱電機(下村節宏社長)とスカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー!、重村一社長)は4月26日、「スカイパーフェクTV!」で放送しているスポーツ番組をハイライト再生できる「スカパー!対応ハイライト再生」に対応したHDD内蔵DVDレコーダー「DVR-HE10WSD」を5月21日に発売すると発表した。価格はオープン。

 「スカパー!対応ハイライト再生」は、HDD内蔵DVDレコーダーと「スカパー!」のレンタルサービス用チューナーを連動させ、三菱電機独自のアルゴリズムによって、スポーツ番組のハイライトシーンだけを選んで再生できる機能。この機能を活用すると、たとえば、深夜に海外で行われたスポーツの試合を、朝のニュースの前に約5分間でダイジェスト視聴したり、留守中に録画した試合を、帰宅後に短時間で早見したりできる。あらかじめセッティングした視聴時間の中で、見たいシーンだけを選んで再生することも可能。

 連動するHDD内蔵DVDレコーダー「DVR-HE10WSD」は、「NTT-X Store」と「イートレンド」の2店のインターネット通販限定で販売する。HDD容量は160GBで、予約は5月10日から開始する予定。「スカパー!レンタルサービス用チューナー」の連動機能は、5月下旬から衛星経由で自動追加する。

 「スカパー!」は、6月9日に開幕する「2006 FIFAワールドカップ ドイツ大会」の全64試合に加え、J1・J2リーグの全試合、欧州サッカーリーグ、プロ野球の全試合など、多くのスポーツイベントを放送する予定。両社では、今回の共同企画を通じて、スカパー!の新しい視聴スタイルを提案していきたいとしている。