ローランド(田中英一社長)は、コンパクトな24ビットWAVE/MP3レコーダー「R-09」を4月28日に発売する。価格はオープン。実勢価格は3万8000円前後の見込み。

 ローランド(田中英一社長)は、コンパクトな24ビットWAVE/MP3レコーダー「R-09」を4月28日に発売する。価格はオープン。実勢価格は3万8000円前後の見込み。

 簡単な操作で、CDやDATを超える、最大24ビット/48kHzの録音ができるのが特徴。本体サイズは幅62.2×奥行き102×高さ29.1mmで重さ145gと、従来機種の2分の1以下で手のひらに収まるサイズを実現した。高性能のステレオ・マイクを内蔵したほか、アナログ回路「IARC(Isolated Adaptive Recording Circuit)」を搭載し、原音に忠実に録音することが可能。

 本体ディスプレイには、見やすい有機ELディスプレイを採用。応答速度の速いレベルメーターと独立したピーク・インジケーターとの組み合わせで、正確な録音レベル設定ができる。録音するデータ・タイプを選択することが可能で、WAVフォーマット時では、サンプリング周波数44.1/48kHz、16/24ビットの録音に対応。また、MP3フォーマット時ではサンプリング周波数44.1/48kHz、ビット・レートは64kbps?320kbpsまでの7段階から選ぶことができる。

 記憶メディアはSDカードで32MB?2GBのカード容量に対応する。インターフェースはUSB2.0。電源はACアダプターもしくは単3電池×2。アルカリ単3乾電池2本で約4時間の連続録音が可能。初年度5万台の販売を見込む。