Sentivision(センティビジョン)とソニーコミュニケーションネットワーク(SCN、吉田憲一郎社長)は4月24日、世界で初めて、電子マネー「Edy(エディ)」で登録や決済ができるHD映像配信VOD(ビデオ・オン・デマンド)システムを共同開発したと発表した。

 Sentivision(センティビジョン)とソニーコミュニケーションネットワーク(SCN、吉田憲一郎社長)は4月24日、世界で初めて、電子マネー「Edy(エディ)」で登録や決済ができるHD映像配信VOD(ビデオ・オン・デマンド)システムを共同開発したと発表した。

 今回、このシステムで使う小型のSTB(セットトップボックス)を試作。家電機器などへの内蔵も想定する。幅100×奥行き100×高さ50mm、重量約300gと小型・軽量ながらハードディスクを内蔵し、HD映像再生にも対応。映像配信のフォーマットには「H.264」コーデックなどを採用した。

 両社では、ソニーやビットワレットの協力を得て、コンテンツホルダーや機器メーカー、回線事業者などを対象に、このHD映像配信VODシステムを利用した実証実験を4月から6月末まで行う計画。

 今後、実証実験で得られたニーズや技術的な検証結果をもとに、ブロードバンドを活用して映像配信を楽しむライフスタイルの提案に向け、SCNグループ内外の企業と連携して、新たなサービスの実現を目指す。