パイオニアは、独自開発の自動音場補正システムを搭載した5.1chサラウンドシステム「スマートシアターシリーズ」4機種を5月下旬に発売する。

 DVDプレーヤー搭載のDVD5.1chサラウンドシステム「Smart theater 555」と搭載しない「Smart theater 707」は、ワイヤレスリアスピーカーを採用し、設置が容易で手軽にホームシアターが楽しめるのが特徴。価格は「HTP-S707」が9万4000円で、「HTZ?555DV」はオープン。実勢価格は6万5000円前後の見込み。

 DVD5.1chサラウンドシステム「Smart theater 353」とDVDプレーヤー非搭載モデル「Smart theater 303」は、壁や天井の反射を利用した独自のサラウンド技術で、リアスピーカーを後ろに置かなくても5.1chサラウンドが楽しめる「3スポットフロントサラウンド」機能を搭載した。価格はオープン。実勢価格は「HTZ?353DV」が5万円前後、「HTP?S303」が4万5000円前後の見込み。

 4機種ともに、独自開発した自動音場補正システム「MCACC(Multi-Channel Acoustic Calibration System)」を装備する。「MCACC」は録音スタジオでのモニタリング手法と同じレベルの調整を行う音場補正技術で、付属したセットアップマイクを使って、それぞれのスピーカーの音量、距離、音質を部屋に最適な状態に設定できる。セッティングにかかる時間は最短で2分程度。

 MP3など圧縮率の高い音楽データをより高音質で再生する「サウンドレトリバー」機能や「SR+」機能付きの同社のプラズマテレビと接続すれば、ホームシアター側の電源をONにすると連動して入力が切り替わり、テレビのスピーカーが消音モードになる機能も盛り込んだ。