シャープは4月20日、パソコン機能を搭載した液晶テレビ「インターネットAQUOS(アクオス)」を5月下旬に発売すると発表した。「AQUOS」にパソコン機能を搭載したのは今回が初めて。

 液晶テレビとパソコンが独立したセパレートタイプで、テレビ部は37型「LD-37SP1」と32型「LD-32SP1」の2モデル。パソコン部はハイビジョン録画対応の「PC-AX100M」と地上アナログ録画対応「PC-AX50M」の2モデル。これらを組み合わせて4機種を発売する。液晶テレビ部やパソコン部の単体販売は行わない。


 価格は全てオープン。実勢価格は37V型ハイビジョン録画タイプが55万円前後、37V型アナログ録画タイプが45万円前後、32V型ハイビジョン録画タイプが45万円前後、32V型アナログ録画タイプが35万円前後の見込み。液晶テレビ部は「AQUOS」の「BDシリーズ」をベースとした。実勢価格で液晶テレビ単体と比較すると、ハイビジョン録画タイプは20万円弱、地上アナログ録画タイプでは10万円弱程度高くなる。

 液晶テレビ部は、2タイプとも亀山工場製パネルを使用。画素数は1366×768で、フルHDには対応していない。地上・BSデジタル・110度CSデジタルチューナー・アナログチューナーを内蔵する。パソコン部は、ハイビジョン録画対応の「PC-AX100M」が、CPUにインテル Core Duo T2300(1.66GHz)を採用し、HDD500GB、メモリ1G、地上デジタル/アナログチューナーを搭載する。地上アナログ録画対応の「PC-AX50M」が、インテル Celeron M 420(1.6GHz)を採用し、メモリ512MB、HDD250GB、地上アナログチューナーを搭載する。


 なおパソコン部はいずれも、次世代OSのWindows Vistaに移行できる「Windows Vista Capable PC」とした。ワイヤレスキーボードとDVD±R2層書込対応DVDスーパーマルチドライブを装備し、OSはWindows XP Home Edition SP2。MS Officeは付属しない。薄型テレビに合わせてきょう体の奥行きをコンパクト化。サイズは、縦置きの場合で幅175×奥行き195×高さ480mm。低消費電力で静音の設計とした。

 同社ではすでに、テレビ視聴対応の大画面デスクトップPC「AVセンターパソコン」を展開しているが、ジャンルとしてははあくまでもPC。テレビ売り場に並ぶことはほとんどなかった。今回の「インターネットAQUOS」ではその逆を狙う。国内営業本部長の大塚雅章専務取締役は、「これまでのテレパソとは違い、ハイビジョンテレビがメイン」として、テレビ売り場担当者のパソコン知識向上が必要不可欠としながらも、テレビ売り場で展開したいと強調した。

 「インターネットAQUOS」の最大の特徴は、テレビのリモコンを使って簡単にインターネットのコンテンツが閲覧できること。カーソルを自由に移動させクリック操作もできるため、チャンネルを変える感覚でインターネットを楽しめる。また、リモコンにある「WEB情報ボタン」を押すと、見ているテレビ番組の公式ホームページなどを呼び出こともできる。こうしたインターフェイス部分は同社が独自で開発したものだが、今後は、インテル Viiv テクノロジの採用も検討するとしている。