ソリトンシステムズ(鎌田信夫社長)は、インテル製デュアルコアCPU搭載のMacintoshに対応したセキュリティソフト「SmartOn Solo for Mac」を開発した。06年10-12月での出荷を予定しており、価格は1万円を見込んでいる。

 「SmartOn Solo」は、ICカードと簡単な設定でパーソナル用途のPCに対して、ログインやロックなどの利用者認証を行い情報漏えいなどを防止するセキュリティソフト。認証ログ取得機能を搭載し、不正利用があった場合には履歴を保管し解析できる。対応OSは、Mac OS X。Universalアプリケーションとして動作し、インテル製CPU搭載モデルとPowerPC搭載モデルの両方に対応する。ICカードは接触型で、今後は非接触型でも利用できるようにする。


 Macは、クリエイティブ分野でのユーザーが多いため、ソフトを利用すれば開発途中のデザインや図面、機密性の高い映像や画像情報などの有効な情報漏えい防止対策になるとソリトンでは分析している。