シグマA・P・Oシステム販売(菅野高吉社長)は、コンパクトサイズの5ボタンレーザーマウス「Favlio(ファブリオ)」を11月上旬に発売する。レーザーによる滑らかな操作性とホームページ閲覧などの機能をボタンに装備できるのが特徴。価格はオープンで、実勢価格は4280円前後。

 「Favlio」は解像度900cpiのレーザーセンサーを搭載。高精度でデータ認識ができるため、一般的なLED式の光学式マウスよりもスムーズな操作性を実現した。付属のソフトを使えば、ホームページ閲覧では、「戻る」「進む」といった動作や「コピー」「ペースト」といった機能を第4、第5ボタンに割り当てることもできる。第4、5ボタンは本体中央に配置することで、右・左利きのユーザーを問わず利用できるユニバーサルデザインを採用した。

 本体サイズは、幅54mm×高さ38mm×奥行き100mm。外観は、ポリウレタン塗装による光沢のある「グロス」と、艶のない「マット」を組み合わせ、シックなイメージに仕上げた。カラーもシャインシルバー、ダースブラック、ピュアホワイト、ディープブルー、ノーブルレッド、シャンパンゴールドの6色を用意した。動作環境は、OSがWindows XP、Me、2000、98SE、98搭載のPCのみ。Macintoshには対応していない。