パワーハウステクノロジーズグループ(パワーハウス、ジェイ・エリオット社長兼最高経営責任者)とメディアマート(多田慶太代表取締役)は、外部デバイスに自分のPC環境を保存して持ち運べるソフト「Migo」の日本国内での販売で提携した。


 パワーハウステクノロジーズグループ(パワーハウス、ジェイ・エリオット社長兼最高経営責任者)とメディアマート(多田慶太代表取締役)は、外部デバイスに自分のPC環境を保存して持ち運べるソフト「Migo」の日本国内での販売で提携した。

 「Migo」は、コンピュータ内の書類や、電子メールデータ、Internet Explorerの「お気に入り」、デスクトップの壁紙などのPC環境を、USBフラッシュメモリやiPodなどの外部ストレージデバイスに入れて持ち運べるソフト。今回の提携により、開発元のパワーハウスはメディアマートにMigo製品を提供、メディアマートは、同ソフトのオンライン販売を始めとする販売活動とオンラインサポートを開始する。

 メディアマートの多田慶太代表取締役は、「Migo製品は、日本のUSBマーケットを変えると確信している。さらに、この提携によって、パワーハウステクノロジーズグループの日本でのプレゼンスを高めるため、サポート行いたい」と述べている。