イーヤマ販売(勝山和郎社長)は、ハイビジョン対応の32インチ液晶ワイドテレビ「Hello TV PLC3200-S1」をダイレクト販売限定で発売する。価格は12万9800円(配送料込み)。予約受付は、10月19日から同社ネットショップ「e-shop」で開始している。出荷開始は11月中旬の予定。

 解像度1366×768の広視野角Super-IPSパネルを採用、500cd/m2の高輝度、600:1の高コントラスト実現した。ファロージャ社製の高画質回路DCDiテクノロジーを搭載しており、なめらかで美しい高精細な映像を再現する。チューナーは、アナログ地上波のみで、地上・BSデジタル放送などを視聴するには、別途対応チューナーなどが必要となる。

 音の歪みを補正するBBE技術、自然な立体感や豊かな低音を実現するSRS WOWなどを搭載し、音にもこだわっている。サブ・ウーファー出力も標準で装備し、別売りのサブ・ウーファーを接続すれば、簡単に5.1ch環境を構築することができる。

 端子は、Sビデオ、コンポジットビデオ、コンポーネント入力のほか、D4端子、PCアナログ端子、DVIデジタル端子を搭載。SDカード、メモリースティック、コンパクトフラッシュなどに対応するメモリーカードスロットも搭載する。

 同社は、これまでパソコン用ディスプレイなどの販売や、家電メーカーなどへのテレビのOEM提供などを行ってきた。今回発表した「Hello TV」で、コンシューマ向け大型液晶テレビ市場に本格参入する。1インチあたり約4050円という低価格は、専業メーカーならではコストパフォーマンスを生かし、戦略的に設定したもの。今後は、新たなラインアップを拡充し、液晶テレビのダイレクト販売を積極的に拡大していく方針。