富士通は、企業向けノートパソコン「FMV-LIFEBOOKシリーズ」の全5シリーズ17機種を一新し、10月18日から順次発売する。価格は、A4エントリー機「FMV-C8210」のカスタムメイド最小構成で13万2300円。

 全機種で個人認証を強化する指紋センサーと非接触ICカード技術方式「FeliCa」対応リーダ/ライタの搭載に対応した。また従来のラインアップに加え、グラフィック処理性能が高いA4ハイパフォーマンス機「Hシリーズ」を新たに追加した。

 このほか、(1)システムバス、メモリ、HDDなどの基幹性能を向上、(2)マルチベイへのバックアップ用のHDDの搭載とネットジャパン製のバックアップツール「StandbyDisk 2000-XP Pro」を装備――などが特徴。

 なお、同社Webショッピングサイト「WEBMART」の「FMVバリューライン」については、新きょう体を採用しセキュリティを強化したハイスペックノート「FMV-C6310」を始め、スタンダードノート「FMV-C6210」、13型ワイド画面スリムノート「FMV-J6210」の3機種を新たに発売する。1台のHDD上でシステム領域のバックアップと瞬時の復旧を可能にするバックアップツール「StandbyDisk Solo RB」を標準添付する。