日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小田晋吾社長)は、同社のノートPC製品付属のバッテリパックの一部で、稀に過熱・変形・発火などの現象が発生することを確認したため、事故防止の観点から、該当するバッテリパックを全品回収し、無償で交換すると発表した。問題のバッテリパックは、04年3月?9月に製造されたもので、世界では約13万5000個、国内では約300個が該当。これまで、全世界で過熱の問題が16件報告されているが、ユーザーが怪我をしたなどの事故は起こっていない。

 今後、米Consumer Product Safety Commissionの協力のもと、全品回収、無償で交換する計画で、専用のウェブサイト「HPモバイルバッテリパック自主回収プログラム」とコールセンター(電話:0120-589-455)を設置し、ユーザーからの確認や問い合わせに対応する。

 回収・交換の対象となる製品は、「HP Compaq Business Notebook nc6000/nc8000/nx5000/nx9000/nx9005/nx9010/nx9100」「HP Compaq Mobile Workstation nw8000」「Compaq Evo Notebook N1010v」。該当バッテリパックは、バッテリに貼られたバーコードラベルで確認できる。同社では、バッテリに貼られたバーコード番号がGC/IA/L0/L1で始まる場合は、専用ウェブサイトで自主回収に該当するかどうか確認してほしいとしている。