カーナビ主要メーカー、自動車メーカー、その他関連業界各社が参画するiフォーマット・フォーラム(須藤三十三会長、インクリメントP取締役)は10月17日、更新に必要な分だけの地図データを提供し、格納されている地図データを容易に更新できる「差分更新フォーマット」の標準化に着手したと発表した。次世代の地図フォーマットとして、2006年度中の仕様公開を目指す。

 「差分更新フォーマット」は、ユーザーの手元にあるメディアに格納された地図データに対し、更新された一部の地図データだけを提供することで、最新の地図に更新できるようにする地図フォーマット。従来のようにすべてのデータを書き換えるのではなく、変更された一部のデータだけを書き換えるため、更新にかかる手間や時間を削減することができる。

 この「差分更新フォーマット」が実現すると、たとえば、出発寸前に、走行予定の道路の周辺情報のみを対象に、新しい道路情報の通知やデータの更新を瞬時に自動で行うことができる。これまでカーナビに表示されなかった新しい道路1本だけの更新もでき、更新した新しい情報を元に最新のルートをナビゲーションできる。

 また、日本全国の全データを更新する従来のフォーマットとは異なり、必要なときに必要な地図データだけを取り出して扱えるため、通信による更新に加え、メモリカードなどのメディアでも簡単に更新できるようになる。

 iフォーマット・フォーラムは、2001年10月設立の非営利団体。モバイル位置情報事業における各種企業の事業参入を容易にし、モバイル位置情報産業の発展に寄与することを目的として活動している。現在の幹事企業は、インクリメントP、クラリオン、ザナヴィ・インフォマティクス、パイオニアの4社。また今回、新たに賛助会員制を導入。学校法人などの団体を賛助会員という形で招聘することで、災害による住居や道路などの状況を地図データを利用し、より正確な情報を提供する手法などの検討を行っていきたいとしている。