シマンテック(杉山隆弘社長)は、データ保護・トラブル解決スイート製品の最新バージョン「ノートン・システムワークス2006」、および「同 プレミア」を11月4日に発売する。

 同製品は、システムやデータのセキュリティについてユーザが知るべき情報を、簡潔・明確に要約して表示する機能「Norton Protection Center」を備え、システムの保守・保護にかかる作業を軽減する。その他、初期設定のままで連続的なロールバックが可能な「ノートン・ゴーバック」、不要ファイルを削除する「Norton Cleanup」、ウイルスに加えてスパイウェアやアドウェアなどの脅威やリスクからコンピュータを守る「ノートン・アンチウイルス2006」、ハードディスクの最適化・修復ツールの「Norton Utilities」、パフォーマンスに影響を与える動作プロセスを識別できる「Process Viewer 2.0」などを搭載する。

 「ノートン・システムワークス2006プレミア」(以下、プレミア)は、ノートン・システムワークス2006の全機能に加え、バックアップ/リカバリー製品の「ノートン・ゴースト10.0」、リカバリー関連のタスクを分類整理し、手軽で高速なリカバリーを実現する「Symantec Recovery Disk」、PCのシステムとハードウェアのパフォーマンスを測定し、他のシステムと比較できる「Performance Test」を含む。

 価格は「ノートン・システムワークス2006」が1万290円。「プレミア」は1万4490円で、5ユーザー・スモールオフィスパックが5万0715円、10ユーザー・スモールオフィスパックが9万4185円となっている。