バッファロー(本社・名古屋市、斉木邦明社長)は、新きょう体を採用した、世界標準IEEE802.11a&IEEE802.11g/b同時接続ブロードバンドルータ「WHR-AM54G54」と、各種無線LANアダプタとのセットモデル3機種の計4機種を11月上旬に発売する。

 「WHR-AM54G54」は、2005年度「グッドデザイン賞」を受賞した、新デザインの薄型きょう体を採用。対応無線規格は、世界標準11a(W52、W53)、11g、11bの3規格で、同時接続も可能だ。

 また、ワンタッチで無線設定・接続が行える「AOSS」を始め、(1)ケーブル配線だけでインターネット接続が可能な「インターネット@スタート」、(2)動画・画像ファイルなどのマルチメディアデータの送信の高速化する「フレームバーストEX」、(3)空きチャンネル自動検出・設定により電波干渉を防止する「電波混雑防止機能」――など、ハイエンドモデルと同等の機能を備えている。

 価格は、「WHR-AM54G54」単体が1万8800円、世界標準11a/g/b対応無線LANカードセット「WHR-AM54G54/P」が2万1000円、同無線USBアダプタセット「WHR-AM54G54/U」が2万3000円、同無線LANイーサネットコンバータセット「WHR-AM54G54/E」が2万5800円。

 なお、世界標準11a、11g/11b切替接続の無線LANルータ「WHR?AMG54」および各種無線LANアダプタとのセットモデルも同時発売する。