富士通は、ノートPCとしてもタブレットPCとしても使用できるコンバーチブル型タブレットPC“FMV-LIFEBOOK”「FMV-T8210」「FMV-P8210」2機種を11月中旬に、ピュアタブレット型「FMV-STYLISTICシリーズ」3機種を10月中旬に発売する。


 富士通は、ノートPCとしてもタブレットPCとしても使用できるコンバーチブル型タブレットPC“FMV-LIFEBOOK”「FMV-T8210」「FMV-P8210」2機種を11月中旬に、ピュアタブレット型「FMV-STYLISTICシリーズ」3機種を10月中旬に発売する。

 「FMV-P8210」は、「Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005」を搭載したタブレットPCとして世界で初めて感圧式タッチパネルを搭載し、約990gの軽量を実現したモデル。米国のFujitsu Computer Systems Corporationから販売していたものを、今回、日本国内市場に初投入する。

 コンバーチブル型タブレットPCは、キーボードを備え、液晶部分を回転させることで、デスクワーク時はノートPCとして、屋外での利用時はタブレットPCとしてペン入力を使用するなど、利用シーンに応じて使い分けできるのが特徴。「FMV-P8210」は8.9型ワイドSVGA液晶、「FMV-T8210」は12.1型XGA液晶を搭載する。また、指紋センサーとセキュリティチップを標準装備しており、さらに「FMV-T8210」では、80万通りを超える認証番号の組み合わせ設定が可能な「セキュリティボタン」、複数のセキュリティ情報をカード内に格納する「スマートカード」なども利用できる。

 ピュアタブレット型タブレットPC「FMV-STYLISTIC TB12/B」「TB12/S」「TB12/R」は、高性能・省電力CPU「インテル Pentiumプロセッサ 超低電圧版 753(1.20ギガヘルツ)」と、最新チップセット「モバイルインテルR915GM Express」を搭載し、パフォーマンスを大幅に向上させた。また、大容量リチウムイオンバッテリーの採用で、反射型液晶搭載の「TB12/R」で約10.3時間(従来機9.6時間)の長時間稼動を実現している。

 価格(税別)は、「FMV-T8210」が24万3000円、「FMV-P8210」が24万円。「FMV-STYLISTIC TB12/B」(本体のみ)が21万9000円、「同 TB12/S」(ドッキングステーション付)が28万1800円、「同 TB12/R」(反射型液晶搭載・本体のみ)が23万9000円。