シマンテックは、ソニーのプレイステーションポータブル(PSP)を標的とする初のトロイの木馬「Trojan PSPBrick」を特定したと発表、危険度1の脅威(最大危険度は5)と指定した。現状では拡散しつつあるものの、感染例はまだ確認されていないという。

 もともとPSPは、ソニーが「認可した」ゲームのみ実行できるよう保護されている。しかし、Web上にあるハックツールからユーザーが作成したゲームも実行できる。今回の「Trojan PSPBrick」もこうしたハックツールになりすまし、ユーザーがダウンロードしてインストールしてしまうと、PSPが操作不能になるという。同社では、引き続きこの脅威を分析するとともに、詳細がわかり次第情報を提供する、としている。