インターネット社は、独LinPlug製のVSTインストゥルメント/AU(Audio Units)インストゥルメント対応のサンプルソフトウェアシンセサイザー「LinPlug CronoX 3」を10月12日に発売する。税別価格は2万7800円。

 24bit/96KHzまでのWAV/AIFFのオーディオフォーマットに対応する32音ポリフォニックウェーブサンプルソフトウェアシンセサイザー。対応OSは、Windows 98/Me/2000/XP、Mac OS X(10.2.6以降)。同社のシーケンスソフト「Singer Song Writer」を始め、各社のVSTi、AU対応のホストアプリケーションで使用できる。

 斬新で新たな創造性を予感させるフォルムとともに、ユーザーインターフェイスをリニューアル。ジェネレーター/フィルタ/エフェクト/モジュレーションの4つのセクションで構成し、直感的エディットを実現する「X-Yエディタコントロール」の装備や、あらゆるスタイルに対応するハイクォリティなプリセットデータなど、音楽の創造性を向上する。

 ジェネレータは、アナログ/タイムサンプラー/シュレーダー/ループサンプラーの4種類を装備。モジュレーションは、ADSFR形式のエンベロープ/独立した4つのLFO/アルペジエータや10個のユーザー設定可能なモジュールルーチンに対して、30のモジュール元と56モジュール先が設定可能なモジュレーションマトリックスを搭載している。

 同時に6つまでコントロール可能なエフェクトは、新搭載のフランジャー/ステレオエンハンサ/パラメトリックEQ/ピンポンディレイ/クラッシャー/ゲイター/ディレイ/ステレオディレイ/コーラス/フェイザー/フィルタ/リバーブの12タイプを装備。

 2つの独立したマルチモードフィルタは、(1)ローパスフィルタ(12dB/Oct、24dB/Oct)/ハイパスフィルタ(12dB/Oct)/バンドパスフィルタ(12dB/Oct)をプリセットする「スタンダードフィルタタ」、(2)スライダーを利用し自由に調整が可能な「フリーフィルタ」、(3)サチュレイション、(4)カットオフ、(5)レゾナンス、(6)ADSFR形式のエベロープ――を搭載している。

 このほかの特徴は、(1)グライドセクションでポルタメントのパラメータを設定可能、(2)32ボイスポリフォニック(CPUの性能に依存)、(3)ベロシティ/アフタータッチ/ピッチベンド/モジュレーションホイール、その他さまざまなコントローラに対応、(4)5.1チャンネルミキサーを装備、(5)べロシティセンス付きスクリーンキーボードを装備――など。