ロジクール(青柳マテウ社長)は、コードレスマウスの新製品として、(1)メールやメッセンジャーの着信をマウス上のLEDの点灯で知らせる世界初のコードレス双方向通信を実現した「MX610LaserCordlessMouse」(2)省電力5ボタンのコードレスオプティカルマウス「LX7CordlessOpticalMouse」の2製品を10月28日に発売する。価格はオープンで、ロジクールオンラインストア価格は、MX-610が6480円、LX-7が4480円。

 ロジクール(青柳マテウ社長)は、コードレスマウスの新製品として、(1)メールやメッセンジャーの着信をマウス上のLEDの点灯で知らせる世界初のコードレス双方向通信を実現した「MX610LaserCordlessMouse」(2)省電力5ボタンのコードレスオプティカルマウス「LX7CordlessOpticalMouse」の2製品を10月28日に発売する。価格はオープンで、ロジクールオンラインストア価格は、MX-610が6480円、LX-7が4480円。

 MX-610は、同社独自のオンボードインテリジェンス技術によって、eメールやメッセンジャーの着信をマウス上のLEDの点灯で知らせたり、パソコンに同期して自動的のマウスの電源をオンオフできるなどの機能を持たせた。レーザートラッキング方式で、光沢のある表面などでもスムースな操作ができる。単三乾電池2本で約3か月の使用ができ、電池残量インジケータにより電池交換時期を事前に知ることができる。また、2.4GHz帯の無線を使用しているため、27MHZ帯マウスに比べ約10倍の10メートルという動作可能距離を実現した。

 LX-7は、単三乾電池2本で最長8か月の使用を可能にしたのが大きな特徴。これは、独自のスマートパワーマネージメント機構により、パソコンに連動して自動的に電源をオンオフしたり、一定時間使わないとスリープ状態にするなどにより実現した。