バッファロー(斉木邦明社長)は、任天堂(岩田聡社長)が11月下旬から世界中で順次サービスを開始する「ニンテンドーWi-Fiコネクション」において、無線LANの3分野で提携すると発表した。

 バッファロー(斉木邦明社長)は、任天堂(岩田聡社長)が11月下旬から世界中で順次サービスを開始する「ニンテンドーWi-Fiコネクション」において、無線LANの3分野で提携すると発表した。

 提携内容は、(1)バッファローが開発したプッシュボタン方式の無線LAN簡単設定システム「AOSS」を「ニンテンドーDS」に搭載、(2)任天堂が全世界で発売する簡単アクセスポイント「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ」の共同開発、(3)任天堂がゲーム販売店など1000か所でサービスを開始する「ニンテンドーWi-Fiステーション」用アクセスポイントの製品開発――の3つ。

 無線LAN簡単設定システム「AOSS」は、従来の煩雑な手順を自動化し、誰でも簡単に無線LAN環境を利用できるようするもの。任天堂は、11月下旬から順次発売するニンテンドーWi-Fiコネクション対応ゲームソフトに、この「AOSS」モジュールを搭載、簡単に無線で「ニンテンドーWi-Fiコネクション」に接続できるようにする。

 共同開発する「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ」は、インターネットに接続する自宅のパソコンと「ニンテンドーDS」を無線でつなぎ、パソコンを経由して遠く離れた友だちなどとゲームを楽しめる無線LANアクセスポイント。同USBコネクタが接続されたパソコンに「ニンテンドーDS」を近づけると、自動でパソコンが認識して無線につながる仕組みを採用する。

 新サービス「ニンテンドーWi-Fiコネクション」は、自宅にインターネット環境がない場合でも、「ニンテンドーWi-Fiステーション」のある店舗に「ニンテンドーDS」を持って行くことで無料で楽しむことができる。両社は、この「ニンテンドーWi-Fiステーション」に設置される無線LANアクセスポイントの開発でも協業する。