オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は、デジタルカメラでは最大クラスの3.0型液晶モニタを搭載した600万画素コンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-700」を11月下旬に、小型ボディに本格的な撮影機能を搭載した800万画素の「CAMEDIA SP-350」を10月下旬に発売する。価格はいずれもオープンで、実勢価格はともに5万円前後となる見込み。

 「CAMEDIA SP-700」は、一般的な2.0型の約2.3倍の面積をもつ縦4.5cm×横6cmの3.0型液晶モニタを採用したのが特徴。大型なので文字が見やすく、ファインダーとしても使いやすい。再生時に画像を見たり見せたりする時にも役立つ。このほか、ISO感度を上げることで手ぶれと被写体ぶれを軽減できる「Wブレ軽減機能」を搭載。暗い場所でも見やすい液晶モニタと組み合わせ、薄暗い場所の撮影も快適に行えるようになった。カラーは、シルバー、ブルー、ブロンズの3色。

 「CAMEDIA SP-350」は、携帯性と高画質撮影の両立をコンセプトに開発したデジタルカメラ。HR(High Refractive index)レンズを採用した新開発の高性能レンズユニットと800万画素CCDの組み合わせによって小型ボディながら高画質を実現した。絞り/シャッター速度の設定や外部フラッシュを接続した撮影など、撮影者の意図を反映した本格的な撮影が行える。

 このほかの特徴は、(1)CCDの信号を加工せずに取り出せるRAWデータ出力に対応、(2)新開発の小型コンバージョンレンズをオプションで装着可能、(3)約510枚(CIPA規格)の長い電池寿命を実現、(4)大型2.5型の液晶モニタと光学ファインダーを搭載、(5)「夜景&人物」など24種類のシーンプログラムを装備――など。