松下電器産業は、現行HD機種と同等の輝度を実現する世界最小の「50V型フルHDプラズマディスプレイパネル(PDP)」を開発した。

 画素数は207万画素(水平1920×垂直1080)、画素寸法は0.576×0.576mm(50HDモデル:0.81×0.81mm)、画面有効寸法は横幅:110.6mm/高さ:62.2mm/対角:126.9mm、コントラストは3000:1。

 これまで50型以下でのフルHD化は困難と言われていたが、今回、65V型でフルHDを実現したパネル高開口率化技術や高速駆動技術に加え、リブや蛍光体の微細形成技術を確立。さらに安定した発光を得る駆動回路を導入することで現行HDパネル並の開口率を確保し、微細化と現行HD製品並みの高輝度とを両立した。

 これにより、動きの早い映像再現や斜めからの視聴環境でも、精細度やコントラスト、色再現性を落とすことなく表示できるようになった。PDPならではの高精細・高画質映像を、大画面テレビの普及サイズでも提供することが可能になる。

 同社は、すでに65V型のフルHDプラズマテレビ「TH-65PX500」の量産に成功、同製品を11月1日に発売する。