クレオ(川畑種恭社長)は、2006年用はがき・住所録ソフト「筆まめVer.16」のイメージキャラクターに、俳優の神木隆之介さんを起用すると発表した。

 神木さんは、映画「ハウルの動く城」や、テレビドラマ「義経」「あいくるしい」ほか、CMなど話題作に出演し、2005年ベネチア国際映画祭特別招待作品「妖怪大戦争」では主役を演じるなど、弱冠12歳ながら、多分野で高い評価を得ている実力派。今後、さらなる飛躍が期待され、そのイメージが「筆まめVer.16」のコンセプト“時流にあわせた進化を重ねる”に通じることから起用した。

 「筆まめ」は、はがきの宛名とデザインの作成・印刷が手軽にできるパソコンソフト。最新版「筆まめVer.16」では、市町村合併や住所録セキュリティへなどへの対応も図っている。価格は、通常版が6380円、アップグレード・乗り換え専用版が3680円。

 05年10月から全国の家電量販店で、神木さんが出演するCM放映や、店頭POPなどの広告を展開。また、同社サイト「筆まめネット」で神木さんページの公開やストリーミング配信を計画している。