パイオニアは、空中に文字や絵を描いたり、空中に浮かんだパソコンのウィンドウを操作しできる立体映像ユーザーインターフェイス「フローティングインターフェイス」を新たに開発した。

 センサーに囲まれた空間(バーチャルスクリーン)上で指先を動かすことで、あたかも指先を絵筆に見立てて空中に文字や絵を描いているようなリアリティを実現した。これまでにない、不思議で幻想的な感覚を体験できる。

 また、空間上に表示されたパソコンのウィンドウ(動画も可)画面を、指を使ってドラッグができる。ドラッグの際、指でウィンドウを押さえると、その部分がへこむなどの動作を行う。ウィンドウの拡大・縮小も可能。

 02年に開発した新方式小型パーソナル立体映像システム「3Dフローティングビジョン」を応用したもの。ベースとなる「3Dフローティングビジョン」は、従来の立体映像システムとは異なる「新感覚の臨場感」を実現するもので、独自の処理を施した3D映像と3D用レンズとの相乗効果で、専用めがねがなくても立体映像を楽しめるのが特徴。画面の大きさも、これまでは6インチだったが、今回は15インチの試作に成功した。

 今後は、この「3Dフローティングビジョン」と「フローティングインターフェイス」の技術を生かし、博物館やイベントの展示ツールとしての応用を図っていく。