ジャストシステムは9月30日、松下電器産業と争っていたいわゆるアイコン訴訟で、知的財産高裁が同日、ジャストシステム勝訴の判決を下したと発表した。

 松下電器産業はジャストシステムの「一太郎」と「花子」で松下の特許権を侵害する部分があるとして販売差し止めなどを求めた訴訟を提訴していた。これに対する東京地裁の判決を不服として、ジャストシステム側から控訴した控訴審で同社の勝訴判決が下されたもの。

 今回の判決についてジャストシステムは「今回の判決は、当社の主張を認めた妥当なものであると同時に、ソフトウェアに関連する特許権の行使に対し、一定の歯止めをかけた点で評価できるものと考えております」としている。

 松下電器産業が特許権侵害を主張していたのは、「[ヘルプ]ボタンをマウスでクリックした直後、さらに[ボタン]等をクリックすると、[ボタン]等の機能説明が表示されるという機能。ジャストシステムの「一太郎」と「花子」で使われている。