シマンテック(杉山隆弘社長)は9月30日、個人向けインターネットセキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ2006」「同・アンチウイルス2006」「同・パーソナルファイアウォール2006」計3製品を10月14日から順次販売開始すると発表した。

 シマンテック(杉山隆弘社長)は9月30日、個人向けインターネットセキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ2006」「同・アンチウイルス2006」「同・パーソナルファイアウォール2006」計3製品を10月14日から順次販売開始すると発表した。

 杉山社長は、「インターネットの利便性が向上するなか、セキュリティに対する脅威やリスクが高まっている」現状で、「シマンテックは、セキュリティソフトウェア市場のリーダーとして、シンプルで使いやすく、確実に効果を発揮するソリューションを提供していく」と述べた。

 新バージョンでは、わかりやすい日常的な用語を使ってパソコンのデータが安全な状態かなどを知らせる機能「ノートン・プロテクションセンター」を搭載。ユーザーが感じているシステムやデータのセキュリティの不満や不安を解消するなど、セキュリティ保護機能をさらに強化し、操作の簡素化も図った。

 また、「インターネットセキュリティ2006」「アンチウイルス2006」では、スパイウェア対策機能を強化。スパイウェアを侵入時点で検出し、リアルタイムで自動的に駆除する。

 価格は、標準パッケージ「ノートン・インターネットセキュリティ2006」が8925円、「同・アンチウイルス2006」と「同・パーソナルファイアウォール2006」が7140円など。「インターネットセキュリティ2006」と「アンチウイルス2006」には、特別優待パッケージ、2台のコンピュータで使用できる2ユーザーパッケージ、5台または10台までのコンピュータで使用できるスモールオフィスパックなども用意する。