ロジクール(青柳マテウ社長)は、コードレスキーボードの新製品2機種を10月21日に発売すると発表した。レーザーコードレスマウスをセットしたハイエンド向けの「CordlessDesktopMX3000Laser」と、3ボタンコードレスオプティカルマウスをセットにした「CordlessDesktopS510」で価格はオープン。ロジクールオンラインストアでは、MX-3000を1万2800円、S-510は8980円で販売する。

 ロジクール(青柳マテウ社長)は、コードレスキーボードの新製品2機種を10月21日に発売すると発表した。レーザーコードレスマウスをセットしたハイエンド向けの「CordlessDesktopMX3000Laser」と、3ボタンコードレスオプティカルマウスをセットにした「CordlessDesktopS510」で価格はオープン。ロジクールオンラインストアでは、MX-3000を1万2800円、S-510は8980円で販売する。

 MX-3000は、薄型の多機能コードレスキーボードと8ボタンコードレスマウスをセットにした製品で、ゼロディグリーティルトデザインを特徴としている。これは、キーボードのデザインをエルゴノミクス(人間工学)に基づいて開発、キートップの高さを22.3mmに抑え、着脱可能なパームレストにより、腕や手首に無理な力がかからない状態で入力作業ができるよう工夫したもので、同社では他社との最大の差別化手段としている。

 そのほか、キーボード中央部にはマルチメディアファイルをワンタッチでコントロールできるパネルを搭載、音楽やビデオの再生などが簡単にできるようにした。また、キーボードとマウスの両方に電池残量インジケータ搭載、事前に電池交換時期を知ることができる、なども大きな特徴。

 マウスは、レーザートラッキング方式なので、光沢のある表面などでもスムースな操作ができる。ボタンは、チルトホィールプラスズームボタンも含めて8個装備、新開発のスマートパワーマネージメント機構により、単三乾電池で約6か月使用できるようにした。

 S-510は、フラットパネルディスプレイとの組み合わせ利用を想定して開発した製品で、ゼロディグリーティルトデザインのキーボード、省電力3ボタンードレスオプティカルマウスをセットにした。