シャープは、2基の地上デジタルハイビジョンチューナーとBS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを搭載し、HDDに2番組同時録画できるデジタルハイビジョンレコーダー「DV-ARW15/ARW12」2機種を12月1日に、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー内蔵の「DV-AR12/AR11」を10月24日に発売する。

 シャープは、2基の地上デジタルハイビジョンチューナーとBS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを搭載し、HDDに2番組同時録画できるデジタルハイビジョンレコーダー「DV-ARW15/ARW12」2機種を12月1日に、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー内蔵の「DV-AR12/AR11」を10月24日に発売する。

 「DV-ARW15/ARW12」は、独自のハイビジョンレコーディングエンジン「T3」をさらに進化させ、高精細ハイビジョン映像を従来比約2倍の処理速度でハードディスクに録画できるHDD・DVDレコーダー。同エンジンと2基の地上デジタルチューナーによって、ハイビジョン放送の2番組同時録画“ハイビジョンダブレコ”を実現した。

 両機種ともに電源オフの状態から世界最速約1秒で作動する「瞬速起動」機能を搭載。朝の忙しいときにすばやく録画予約をしたり、すぐに録画することができる。また、レコーダー本体の「タイトルウインドゥ」に、録画中の番組タイトル、ハードディスクの残量低下の警告メッセージなどを表示できるようにし、使いやすさを向上させた。

 価格はすべてオープンプライス。実勢価格は、500GB HDD内蔵の最上位モデル「DV-ARW15」が18万円前後、250GB HDD内蔵の「DV-ARW12」が16万前後。シングルチューナーモデルは、250GB HDD内蔵の「DV-AR12」が13万円前後、160GB HDD内蔵の「DV-AR11」が11万円前後の見込み。