日本ビクターは、画像処理能力を飛躍的に向上させた新開発の総合インテリジェント制御システム“映像知能”「新GENESSA(ジェネッサ)」を搭載した、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ“EXE”シリーズ4機種「LT-40LH700」「LT-37/32/26LC70」を10月下旬から順次発売する。

 “映像知能”「ジェネッサ」は、CPU搭載映像処理専用LSI。今回、そのCPUの処理能力を向上させ、きめ細かく美しく、臨場感と奥行き感のある映像再現を可能にした。

 さらに、40V型「LT-40LH700」には、高精細なデジタルハイビジョン映像をそのままの美しさで楽しめるフルハイビジョンパネル(水平1920×垂直1080画素)を搭載。また、37V型「LT-37LC70」は、業界初の「高速液晶ドライバー」を搭載し、動きの速い映像でも残像感が目立たないくっきりした映像を楽しむことができる。

 このほか、Gガイド搭載の地上・BS・110度CSデジタルチューナーや、HDMI 端子を含む豊富な入出力端子、ニュースやセリフが聞き取りやすい“テレビ「きき楽」”機能などを搭載している。

 価格はすべてオープンプライス。実勢価格は、40V型「LT-40LH700」が53万円前後、37V型「LT-37LC70」が40万円前後、32V型「LT-32LC70」が30万円前後、26V型「LT-26LC70」が24万円前後となる見込み。