電子辞典は、大修館書店発行の言葉探し辞典「日本語大シソーラス」を電子化し、「HD辞典シリーズ」から「日本語大シソーラスV2」として10月28日に発売する。価格は1万5540円。アカデミックパックは1万2390円。スクールライセンスは、21ライセンスが23万4990円、41ライセンスが43万3230円、追加ライセンスが1万1235円。

 伝えたいことにピッタリの言葉を見つけ、語彙を膨らませて表現の幅を広げられる最大・最強の言葉探しデータベースとして、延べ約32万語(独立語としては約20万)を収録。手紙を書く、同じ言葉の繰り返しを避ける、より気の利いた表現をする、短歌・俳句を作る、翻訳でジャンルや場面に合った表現をする、商品名やキャッチコピーを考えるなど、さまざまな状況で活用できる。

 また、約1万5000語の季語と「365日の辞典」の05年版を収録。全文検索を強化し、本文内検索に英語熟語検索のオプションを追加した「DDviewer Ver.2.1.4」を搭載する予定。さらに、WindowsCE専用の検索ソフト「DDCEviewer」の最新版「Ver.1.0.1」を同梱。WindowsCE機にパソコン経由でインストールして使用することができる。