オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は、デジタル専用設計の「オリンパスE-システム」のデジタル一眼レフカメラ第3弾として、普及型の「E-500」を11月11日に発売する。

 本体重量435gという小型・世界最軽量ボディを実現するとともに、しっかりとしたホールディング性も確保。また、クラス最高の高画質800万画素フルフレーム型CCDと写真画質のハイパークリスタル2.5型液晶モニタを搭載し、普及型デジタル一眼に必要とされる「機動性」と「高画質」「見やすさ」を両立した。

 800万画素のフルフレーム型CCDは、従来機種「E-300」で高い評価を得たダイナミックレンジの広く階調性の豊かな画質が得られ、デジタル専用に設計された「ZUIKO DIGITAL」レンズ群との組合せにより圧倒的な解像感をもつ。さらに、ISO感度拡張時のノイズを軽減する「ノイズフィルター」を新たに搭載した。

 このほか、記録メディア容量いっぱいまでの秒間2.5コマ連写や、記録メディアのデュアルスロット化(CFとxDカード)、15種類の簡単撮影シーンモードや常に適切な露出を提供する新開発の49分割測光センサーの搭載などの機能強化を行った。従来機同様、ゴミ問題を解決できると好評の「ダストリダクションシステム」も搭載している。

 ボディカラーは重厚感あるブラックとシルバーの2色。価格はオープンで、実勢価格は「OLYMPUS E-500 ボディ」が9万円前後、「ZUIKO DIGITAL 14-45mm F3.5-5.6」レンズ付きの「同 レンズキット」が10万円前後の見込み。

 また同社は、「オリンパスE-システム」用の小型・軽量交換レンズ2種を発売する。発売時期は、等倍マクロレンズ「ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro」が2005年11月、高倍率標準ズームレンズ「ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3」が2006年春頃の予定。等倍マクロレンズは、本体重量165gで一眼レフカメラ用のマクロレンズとして世界最軽量となる。各種アタッチメントなしで等倍撮影(35mmカメラ換算で2倍相当の撮影)が可能で、手持ち撮影で気軽にマクロフォトが楽しめる。

 価格は、「ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro」が3万7275円、「ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3」が6万3000円。