NECは、愛知万博「ロボットステーション」内の「ロボットふれあいルーム」で6か月間にわたり進めてきた「チャイルドケアロボットPaPeRo」の技術実証運用を完了し、その成果をまとめた。このプロジェクトは独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として行われたもの。

 「ロボットふれあいルーム」で3才から12才の子供を対象にした「ロボットふれあい体験」の参加者数は、のべ2万7千人。これらのやり取りを通じ、各種機能や技術の完成度を高めながら今後の研究のためのデータを集めた。

 まず、子供との会話機能「パペトーク」で、子供がよく発する言葉の認識語への追加や、子供が意味を把握しにくい表現の平易な表現への変更など、各種の改良実施。また、子供に好評だった歌や早口言葉のバリエーションを追加したほか、現場での観察・ヒアリングを通じて、子供に物語を聞かせる「パペストーリー」、PaPeRoが子供の綱引きの行司役を行う「パペ運動会」の2つの新シナリオを開発し、追加投入した。

 騒がしい展示会場での運用を通じた検証・改良で、子供が満足できる音声認識性能を検証、その他の顔認識機能・携帯電話連携機能・超音波タグ機能なども、実運用を通じて性能や安定性を向上をはかった。また、各種センサを追加するなどでより安全性も高め、6か月間無事故で技術実証運用を完了、ロボットの安全性を確認した。

 今後、こうして収集したデータの分析や各種調査を継続し、「子供がロボットと接したことによって受けた影響の分析」「子供がロボットに愛着を持つ要素の分析」「ロボットの会話・動作の各要素が、人に与える印象の違いの分析」などを人文系大学との共同研究として行っていく。

 同社では、今回の「チャイルドケアロボットPaPeRo」の開発、および愛知万博での技術実証運用の成果をふまえ、今後もロボットの実用化に向けた認識技術や知能化技術の研究開発、応用開拓を推進する。また、今回開発した技術は、NECシステムテクノロジーから販売しているロボットソフトウェアプラットフォーム「RoboStudio」に、顧客からの要求に応じて随時搭載していく予定。