コダック(小島佑介社長)は、デジタルカメラとフォトプリンタのセットパッケージ「Kodak EasyShare デジタルフォトソリューション(DPS)」のラインアップを拡充、新たに2製品を10月上旬から順次発売する。

 「DPS」は、「Kodak EasyShareシリーズ」のデジタルカメラと、ケーブルを接続する必要がなく、デジタルカメラを載せるだけで印刷できるデジタルフォト プリンタ「Kodak EasyShare プリンタードック シリーズ3」を1つのパッケージにしたもの。同製品を使えば、写真の撮影からプリントまでの工程をすべて“PCレス”で手軽に実現できる。

 今回追加するのは、有効画素数500万画素で光学3倍ズームの「C340」セットと、有効画素数400万画素で単焦点タイプの「C310」セット。

 価格はすべてオープン。同社オンラインショップ「Shop@Kodak」価格は、「Kodak EasyShare デジタルフォトソリューション C340 Zoom デジタルカメラ & プリンタードック」が3万4800円、「Kodak EasyShare デジタルフォトソリューション C310 デジタルカメラ & プリンタードック」が2万4800円。なお、同オンラインショップではカメラ単体でも販売している。価格は「C340」が2万4800円、「C310」が1万4800円。