ナナオ(本社・石川県、実盛祥隆社長)は、フルHD(1920×1200)、大画面24.1型ワイドフォーマットに対応した「EIZO FlexScan S2410W」を10月下旬に発売する。価格はオープンで、同社サイト価格はBOSE製スピーカー付属で16万3000円から。

 表示面積が従来の21型CRTモデルと比べて、518.4mm(W)×324.0mm(H)と大幅に広い大画面ワイドフォーマット対応の液晶モニタ。パソコンからのDVD視聴やインターネット上の各ウェブサイトの動画などをより高品質で再生する、またはフォトレタッチや印刷物のデザイン・編集・組版などの各種デザイン作業にも適している。

 推奨する1920×1200解像度に満たない1600×1200などの解像度表示も、フルスクリーン(全画面表示)/拡大(アスペクト比固定)/ノーマル(1:1表示)の3つのモードから選択可能。これによって、例えば制作物のイメージを変えることなく表示することができる。また、使用者に最適な視聴・操作ポジションを提供する「ArcSwing 2 スタンド」を採用。モニタ表示部を円弧の軌道で動かしたり、利用者の体格や姿勢に合ったモニタ位置に設定できる。

 このほか、デジタル/アナログの双方に対応するDVI-Iコネクタを2ポート装備。さらに、USB 2.0準拠のハブを本体側面に搭載し、iPod Shuffleなどの音楽プレーヤーやデジタルカメラなど、USB対応機器を直接接続できる。