東芝は、携帯HDDオーディオプレーヤー「gigabeat X30」を9月22日に発売する。従来モデルに比べ、容積比で約20%小型化しながら、より大きな2.4型液晶画面を搭載したのが特徴。価格はオープンで、実勢価格が3万7800円前後。

 東芝は、携帯HDDオーディオプレーヤー「gigabeat X30」を9月22日に発売する。従来モデルに比べ、容積比で約20%小型化しながら、より大きな2.4型液晶画面を搭載したのが特徴。価格はオープンで、実勢価格が3万7800円前後。高級感を演出するピアノ調の鏡面仕上げになっており、カラーバリエーションは「ピアノブラック」「ピュアホワイト」「クリムゾンレッド」の3色。

 新たに開発した小型の1.8型HDDを採用し、すべての部品やレイアウトを徹底的に見直し、大幅な小型化を実現した。30GBと大容量ながら、片手にすっきり収まるコンパクトなサイズとなっている。また画面は、2.4型QVGA低温ポリシリコンTFTカラー液晶で、ソフト処理によって26万色相当の色再現ができる。

 このほかの特徴は、(1)「フォトスライドショー」機能に、写真を選んで表示順などを指定できる「プレイリスト」機能を搭載、(2)画像データを日付別のフォルダで階層管理、(3)別売USBクレードル経由で画像データを直接取り込み、その場で画像表示、(5)パソコンにセットした音楽CDデータをgigabeat本体のほか、パソコンに同時保存――など。