日本通信(三田聖二社長)は、ワイヤレス・データ通信「bモバイル」のスターターパック「bモバイル・アワーズ50時間 限定パッケージ」を9月23日から12月31日までの期間・数量限定で発売する。1万台に達した時点で販売終了する。価格はオープンで、同社オンラインショップ「bマーケット」価格は1万9800円。

 「bモバイル・アワーズ」は、PHSデータ通信カードに1分単位で利用可能なPHSデータ通信料、インターネット接続料などをセットにしたもの。購入するだけでモバイル・インターネットを始められ、1分単位で無駄なく利用できるのが特徴。

 今回の「スターターパック」では、bモバイル・アワーズの基本仕様はそのままに、50時間分のPHSデータ通信を利用できる。最大利用期間は200日。対応OSはWindows XPのみで、ウイルコムのマルチリンク方式パケット通信ネットワークと無線LANスポット「bスポット」に対応する。

 スターターパックの利用期間終了後は、120時間(bマーケット価格1万9950円)および30時間(同5800円)の更新ライセンスを利用できるほか、PHSと公衆無線LANを定額料金で使い放題で利用できる商品への更新も可能。また、同パックには更新クーポンがついており、たとえば120時間分の更新ライセンスを購入すると、10時間分が追加で付与される。