三洋電機は、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵ハイビジョン液晶プロジェクションテレビ「GRAFINA(グラフィナ)」2機種を11月1日に発売する。価格は、55V型「PTV-55HD1(K)」が57万5400円、45V型「PTV-45HD1(K)」が47万400円。


 三洋電機は、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵ハイビジョン液晶プロジェクションテレビ「GRAFINA(グラフィナ)」2機種を11月1日に発売する。価格は、55V型「PTV-55HD1(K)」が57万5400円、45V型「PTV-45HD1(K)」が47万400円。

 小型化した新光学エンジンの開発によって実現したスリムデザインと、コーナー置きに最適な鋭角台形の外観フォルムを採用し、業界最薄、本体奥行き40cm以下で大画面を実現した。55V型の「PTV-55HD1」が必要とする設置スペースは、55V型プラズマテレビと同程度で、25インチのブラウン管テレビを設置していたコーナーでも設置できる。

 また、リビングシアターに適した2種類のシネマモードに加え、ダイナミックスポーツ、ホットライブなどの7つの映像モードを搭載。「ピュアシネマモード」では、より映画館のフィルム映像に近い絵作りのしっとりと落ち着いた情緒豊かな映像表現を行い、「クリエイティブシネマモード」では、コントラスト感や立体感を重視したSFXやアクションなどに適した表現を行う。

 このほか、電源再投入ですぐ出画する業界最速「クイックオンスタート機能」を搭載し、電源やランプ制御システムを最適化することによって、電源立ち上げから出画までの時間を約15秒に短縮した。電源オフ後4分以内であれば、特殊なランプ電流制御を行うことですぐに出画できる。