シャープは、リスニング学習用の専用コンテンツを収録し、ネイティブの音声で英語の学習ができるリスニング端末「PA-L100」を9月22日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

 英語力を強化したいビジネスパーソン向けの学習ツール。国内上場企業の多数が社員教育に採用している「Monthly Listening Club」(ゼンシャル)や、TOEICテストに役立つ「英単語・熟語ダイアローグ1800」「TOEICRテスト英単語・熟語マスタリー2000」(旺文社)など、リスニング学習用の人気コンテンツを収録。また、学習をサポートする機能として、繰り返し再生時に便利な「オートリピート機能」、液晶画面に表示される英語と日本語訳を、英語の音声に合わせてワンタッチで切り替えられる「表示切替機能」を搭載する。

 さらに、音声を録音できる「ボイスレコーダー機能」や、学習の合間に音楽を楽しめる「デジタルオーディオプレーヤー機能」も搭載し、1台で3つの機能を活用できるのが特徴。本体は胸ポケットに入る厚さ9.9mmの名刺サイズで、バックライト付液晶を装備している。