東芝は、HDD・DVDレコーダーの新ブランド「カンタロウ」シリーズの第2弾として、初のVTR一体型HDD・DVDレコーダー「AK-V200」を10月上旬に、「AK-V100」を11月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は、HDD容量200B・BSアナログチューナー内蔵の「AK-V200」が9万円前後、HDD容量160GBの「AK-V100」が7万円前後の見込み。

 「カンタロウ」は、電源を入れると最初に分かりやすいメニュー画面を表示するなど、主に初心者をターゲットに使いやすさを重視したシリーズ。第2弾となる今回は、エントリーユーザーのニーズが高いVTR一体型とした。「かんたん6WAYダビング」機能を使うことで、HDD、DVDメディア、VHSテープいずれかの間で双方向ダビングが可能。さらに、両機種とも、地上アナログチューナーを2個内蔵し、VTRとHDDまたはDVDに2番組同時録画が可能となった。

 機能面では、新たに録画番組の本編の前後を自動でチャプター分割する「本編自動チャプター分割」機能、番組本編だけを保存したり、バラエティ番組のCFの前後にある繰り返し映像の一方を削除したプレイリストを自動作成することができる「おまかせプレイリスト」機能を搭載した。

 あわせて、同梱のTV/FMチューナー、カーアダプターを使用することで、テレビやラジオも楽しめるポータブルDVDプレーヤー「ポータロウ SD-P1800」を10月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万5000円前後の見込み。