米ゲートウェイ(ウェイン・イノウエ社長兼CEO)は、ヨドバシカメラ(藤沢昭和社長)で、「ゲートウェイ」と「イーマシーンズ」ブランドのパソコン、LCDディスプレイを9月16日から販売する。

 まずは同日開店したヨドバシカメラ秋葉原店「マルチメディア Akiba」とインターネットでイーマシーンズのデスクトップパソコンを発売、さらに全20店舗で液晶ディスプレイを発売する。今後PCもヨドバシカメラ全20店舗展開していく予定。

 エド・フィッシャー国際担当上級副社長は、「当社製品は、日本の消費者にその価値を認められ次第に人気が高まりつつある。また、日本全国に販売店をもち豊富な品揃えで有名なヨドバシカメラは、当社にとって大切なパートナーとなった。販売網が広がり、大変うれしく思う」と述べている。

 なお、同社のパートナーは、石丸電気、ギガスケーズデンキ、コストコホールセールジャパン、さくらや、上新電機、九十九電機、ノジマ、ベスト電器、ヨドバシカメラとなり、取扱店数は約600店舗となった。